アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2014年12月
     
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
指輪を選ぶこと

指輪の箱を開ける新婦

女性の薬指を、婚約指輪として用意したリングがスーッと通って、やがてしっかりと落ち着くべきところに落ち着き、キラリと光るその瞬間。
まさに、人生で一番大事なことが約束された瞬間だということで、これは「男泣き」の代表的なシーンと言えるでしょう。
もちろん、そのシーンを涙でこわしてしまわないように、クールに彼女の肩を抱き寄せましょう。本当に良かった。何しろあなたは、結婚を申し込むのに成功したのですから。
しかし、その日を迎えるまでの道は決して平坦ではなかったはずです。何しろ、これまであまり「ヒカリモノ」に興味を持ってこなかった硬派な男としては、婚約指輪を選ぶということがまずもって大変なことだったでしょう。
ここでは、その道筋をもう一度、振り返ってみることにしましょう。

■2つのリング
とはいえ、婚約指輪を見つけるまでの旅路をたどり直すだけで話を終えてしまっては、これから先のことを考えることが出来なくなります。
婚約指輪を受け入れてもらい、結婚することが決定したからといって、それがリングとの付き合いの最後ではないのです。もっと大事なリングが、後ろに控えています。
そう、それは結婚指輪。婚約が成立したあとは、来たる結婚式の日に間に合わせるべく、結婚指輪を探す旅が始まるのです。
ただし、もちろん今度はこれから人生を共に歩むことになる女性も、かたわらに立ってくれます。一緒になって指輪を探すことが出来るわけで、その点では頼もしいですし、楽しい旅になることも間違いありません。
ここでは、その旅についても追っていくことにしましょう。

■2人で探す指輪
ところで、「結婚の申し込み」というシーンでは必ず男性がひざまずいて女性に結婚を申し込むということが、半ば固定観念のようになっていた時代には、上に書いたみたいに硬派な男が1人で婚約指輪を選ぶということもあったでしょうし、実際、今この瞬間に婚約指輪を選んでいる男性もいるでしょう。
しかし、最近では結婚のあり方も多種多様で、プロポーズが男性発信というのも決定づけられたことではなくなっていますし、男女が2人で協力しあって指輪を探すということも、行われるようになっているのです。
もちろん、結婚指輪を2人で探しているのは言わずもがなです。

オススメリンク

ベンチに座る夫婦の後姿

宝石で選ぶリング

「婚約指輪や結婚指輪で大事なものは何か?」こんな問があったとき、答として出すことが出来るもののひとつが、「宝石だよ」というものでしょう。
何しろ、それはどんな意味を持っていようとジュエリRead more

新郎の手に乗せられた新婦の手

ブランドの名前

ブランドとは、ある一定以上の信用を得ているところが、その名前を掲げているところであると言えます。世界中の人たちに信用されているブランドがあり、ずっと応援してくれている固定客がいるというブランドもRead more

薬指の結婚指輪

デザイン性

婚約指輪はオシャレな感じで決め、結婚指輪はシンプルにまとめた方がいい。
そんな話をよく聞きますが、必ずしもそれにとらわれなくても大丈夫。
むしろ、今は多様性の時代ですから、「シンRead more

見つめ合う新郎新婦

給料3ヶ月分?

誰が言いはじめたのか、婚約指輪については「(贈る側である男性の)給料3ヶ月分の指輪が望ましい」ということになっていた時期があります。
おそらく、それくらいの価値を結婚の申し込みという一世Read more

関連リンク